HOME > アクセスVBAの上級の1日講座

head_img_slim


アクセスVBAの上級 1日講座のご案内


アクセスVBAの上級 講座について

マイクロソフトアクセス(Access)VBAのより高度なプログラミング方法を習得するための講座です。

Access(アクセス)VBAで頻繁に用いられるADOの基本を学習します。
さらにCSVファイルのデータをADOを使って1行ずつテーブルに読み込む方法、テーブルまたはクエリのレコードをCSVファイルへ書き出す方法を学習します。複数のプログラミングを連携させ、50~100行以上のコードが独力で書けるように、プログラミングの展開方法を学習します。

※VBAとはVisualBasicForApplicationsの略称です。VBAを使うことでAccess(アクセス)の操作を自動化することができます。
※ADOとはActiveXDataObjectsの略称です。ADOを使うことでAccessを初めとするデータベースと連携させたシステムを作成することができます。


ご参加後のスキルイメージ

ADOの基本をマスターしますのでAccessVBAを使ってテーブルやクエリのデータを1行ずつコントロールできるようになります。

他のシステムから出力されるデータをAccessに取り込んだり、Accessのデータを他のシステムに出力するなどのシステム間の連携処理が可能になります。
Access(アクセス)VBAを使ってテーブルまたはクエリのレコードをCSVファイルに1行ずつ書き出せるようになります。
Access(アクセス)VBAを使ってCSVのデータを1行ずつチェックしながら複数のテーブルに読み込めるようになります。


【講座のカリキュラム内容】

◆ADOとは

Accessのテーブル、クエリのデータをコントロールするためのADOの位置づけについて解説します。

◆ADOの基本/Accessとの接続とレコードセット

ADOを使ってAccessのデータベースに接続する方法の基本を学習します。

◆ADOの基本/データの追加

Accessのテーブルまたはクエリを使ってデータを登録する方法を学習します。

◆ADOの基本/データの更新

Accessのテーブルまたはクエリのデータを条件に応じて更新する方法を学習します。

◆ADOの基本/データの削除

Accessのテーブルまたはクエリから特定の条件に見合うデータを削除する方法を学習します。

ADOの基本/データの参照

Accessのテーブルまたはクエリから必要なデータを抜き出し、他の処理と連携させて利用する方法を学習します。

複数のレコードセット、接続を利用したやや複雑な処理を学習します。

◆CSVファイルとの連携

/ADOを使ったCSVファイルからの読み込みADOを使ってテーブルに1行ずつCSVファイルのデータを読み込む方法を学習します。

読み込み時にエラーが発生した場合に、読み込みをキャンセルする方法も学習します。

◆CSVファイルとの連携

/ADOを使ったCSVファイルへの書き出しADOを使ってテーブルまたはクエリのデータを1行ずつ加工しながらCSVファイルに出力する方法を学習します。

◆ADOとDAOの使い分けAccessでよく利用されるDAOとの使い分け方法について解説します。




【講習会の進め方について】

1~3名様までの少人数制ですので、初めての方でも安心してご参加頂けます。
基本事項の解説には弊社のオリジナルテキストを利用します。
応用方法の解説及び実習では、ご参加者様のExcelの利用目的に応じたきめ細かい授業を行います。
開発及び運用経験のある講師の視点から押さえておきたいポイントの紹介・個別の疑問点にもお答えしていきます。

【ご参加いただきたい方】


 ☆ ご参加にあたって必要なスキル

Access(アクセス)VBA入門または中級修了レベルの方
アルファベットの入力がスムーズに行える方
(入門レベル:Accessの基本操作、リレーションシップ、簡単なフォームの作成方法、イベントプロシージャの作成、変数、If~Then~Else、For~Next、テキストボックス及びフォームの指定方法、MsgBox、簡単なSQL文など)

 ☆ こんな方にご利用いただいています

ADOを使ったレコード操作の基本をマスターしたい方
CSVファイルから1行ずるデータをAccessに読み込みたい方
テーブルまたはクエリのデータをCSVファイルに出力したい方
他のシステムのデータとAccessデータベースを連動させて活用したい方
より高度で柔軟性の高いAccessVBAの使い方を習得したい方


【ご参加者様からの感想】


 ☆ こんなことが出来るようになりました

外注で作成してもらったプログラムが理解できるようになった
前任者の作成したデータベースの引き継ぎが問題なくできた
CSVデータのインポートが楽になった

【受講の形式について】(クリックすると開きます)


 1)東京都千代田区の研修会場
   最寄駅:竹橋駅・大手町駅・神保町駅・お茶の水駅・神田駅。
 2)オンライン会議ソフト
   Teams または Zoom で受講。
 3)御社へ講師派遣
   2名様以上より出張でセミナーを実施いたします。
    ※23区内で公共交通機関の利用可能な開催場所は交通費無料。
     それ以外の開催場所は別途交通費をいただいております。
    ※1名様の場合は個別指導料金になります。


【受講料(おひとり様/テキスト代・税込み)】



  1日講座での研修の受講料
    
    52,300 円  (教材費及び消費税込)
    
    弊社会場(集合研修)
    または、オンライン(Teams、Zoom)での開催。
    1~3名様までの少人数制の質問のしやすい環境で、
    動画無しのオリジナルテキストでの、
    きめ細かい授業を行います。

 





ページトップに戻る