Microsoft Office 講習会
Excel(エクセル)・Access(アクセス)・マクロ・VBA・PowerPoint(パワーポイント)・Word(ワード)講座/株式会社スリービットコムの1日講習会

Three bit com
10:00〜18:00 土・日・祝日を除く
お電話 050−5805−6532
《日程表》1日セミナー(講習会)の開催日程一覧。マイクロソフト エクセル、アクセス、VBA・マクロのセミナー 全講習会開催スケジュール|Microsoft Excel、Access、VBA・マクロの講座 開催日程|株式会社スリービットコム《セミナー会場の地図》1日セミナー(講習会)開催会場の地図。マイクロソフト エクセル、アクセス、VBA・マクロの講習会会場のご案内|Microsoft Excel、Access、VBA・マクロの講習会 地図(東京都千代田区神田・東西線竹橋駅より3分、大手町駅より7分|マップ|株式会社スリービットコム《セミナーに関する資料請求はこちらから》PDFの講習会の資料請求が簡単にできます。マイクロソフト エクセル(Excel)、アクセス(Access)、VBA・マクロの1日スクール|Microsoft Excel、Access、VBA・マクロの講習会・1日スクール PDFにてご提供中。|株式会社スリービットコム《お問い合わせ先詳細はこちらから》1日講座(講習会)についてのお問い合わせはこちらから。1日講座(Excel、Access、VBA、PowerPointの講習会)、1日セミナー(1日教室)、2名様から出張講習・研修、リクエスト開催ができるセレクトDay、エクセル、アクセス、マクロの業務への応用を支援するIT業務サポート講座、完全マンツーマンの個別指導講習会について|株式会社スリービットコム《お申し込み》1日セミナー(講習会)へのお申し込みはこちらから。マイクロソフト エクセル、アクセス、VBA・マクロのセミナー 1日講座へのお申し込み・マンツーマンの個別指導、作成の支援、業務でのExcel、Accessの活用方法などに関する講座へのお申し込みはこちらから|株式会社スリービットコム

トップ
スリービットコムの特徴
集合研修 Exce講座
   Excel 入門
   Excel 中級
   Excel 応用
   Excel 上級
   Excel マクロ・VBA 入門
   Excel マクロ・VBA 中級
   Excel マクロ・VBA 上級
個別指導 Excel講座
   Excel 入門
   Excel 中級
   Excel 応用
   Excel 上級
   Excel マクロ・VBA 入門
   Excel マクロ・VBA 中級
   Excel マクロ・VBA 上級
IT業務サポート Excel支援
   Excel 支援
   Excel マクロ・VBA 支援
   Excel マクロ・VBA
   
Plus 外部データ処理 支援
集合研修 Access講座
   Access 入門
   Access 中級
   Access 上級
   Access VBA 入門
   Access VBA 中級
   Access VBA 上級
個別指導 Access講座
   Access 入門
   Access 中級
   Access 上級
   Access VBA 入門
   Access VBA 中級
   Access VBA 上級
IT業務サポート Access支援
   Access 支援
   Access VBA 支援
   Access VBA
   Plus 外部データ処理 支援
ExcelとAccessの連携講座
   集合研修 連携入門
   集合研修 連携中級
   個別指導 連携入門
   個別指導 連携中級
   IT業務サポート
       連携 支援
   IT業務サポート
       連携 VBA 支援
PowerPoint講座
   PowerPoint 入門
   PowerPoint 中級
Word講座
   Word 入門
   Word 中級
   Word 上級
その他 ご案内
   日程表
   2名様から出張研修
   セレクトDay
   地図
   講師からご挨拶

 

 
「講習会の日程一覧」 Microsoft Excel(エクセル)、VBA・マクロ、Access(アクセス)の入門・基礎・中級(応用)・上級講座。Excel(エクセル)とAccessのの連携講座。スキルアップ研修会。各種定例開催中の一日セミナーの講座一覧|スリービットコムのエクセル・アクセス・マクロ・VBAを使う人のための仕事のスクール(パソコンを使った実務を支援するスクール・パソコン教室。) 「1日(短期)集合研修会のご案内」マイクロソフト アクセス・マクロ・VBAの少人数制の集合研修(Microsoft Access・Excel・VBA・マクロ)の集合研修会・講習会・1日セミナー・1日スクール・1日教室 各講座のご案内。 「個別指導講座のご案内」カリキュラム個別アレンジのマンツーマン個別指導研修|Microsoft Access(アクセス)、VBA・マクロの個別指導講座・個別指導の1日研修会・個別指導講習会|スリービットコムのエクセル(Excel)、アクセス(Access)、VBA・マクロを使う人のための仕事の学校(パソコンの実務支援1日スクール。1日OA教室。) 「IT業務サポート講座」Excel、Accessを使ったIT業務を支援するための個別対応・サポートスクール|Microsoft Excel(マイクロソフト エクセル)、Microsoft Access(マイクロソフト アクセス)、VBA・マクロの1日サポート|スリービットコムのエクセル(Excel)、アクセス(Access)、VBA・マクロを使う人のための仕事の学校(パソコンの業務支援スクール・1日教室。) 「2名様より出張研修を開催します」Microsoft Excel、Access、VBA|マイクロソフト エクセル、アクセス、マクロの入門(初級・基礎・基本・初歩・初心者対象)・中級(応用)・上級まで定期開催中の全研修が対象となります。|エクセル・アクセス・マクロの出張研修会開催。法人研修会、講師派遣、オンサイトの研修会の開催のご案内)。講習会開催地域:東京都及び隣接する一部の神奈川県、千葉県、埼玉県。 オンライン1日セミナー/Excel、Access、VBA・マクロ、PowerPoint、Word講習会のご案内|スリービットコム 「よくあるご質問」(1日スクールの講座内容・申し込みなどについて)|スリービットコムのExcel、Access、VBAを使う人のための仕事の学校(IT1日スクール・1日PC教室。) 「講座のお申し込みはこちらから」マイクロソフト オフィス(Microsoft Office講習会へのお申し込み)|エクセル・アクセス・パワーポイント・Excel・Access・VBA・マクロ・PowerPoint

セミナーからご紹介 Excel(エクセル)、Access(アクセス)、VBA(マクロ) セミナー後記

講習会日程一覧/Microsoft Access(アクセス)、Excel(エクセル)、VBA・マクロ、Access(アクセス)とExcel(エクセル)の連携講座。スキルアップ研修。各種定期開催中の一日セミナーの講座一覧/スリービットコムのPCビジネススクール(教室)。Three bit com
日程とコースを選択して受講できるセレクトデー/Microsoft Access(アクセス)、Excel(エクセル)、VBA・マクロ、Access(アクセス)とExcel(エクセル)の連携講座。スリービットコムのPCビジネススクール(教室)。/Three bit com
講習会日程一覧/Microsoft Access(アクセス)、Excel(エクセル)、VBA・マクロ、Access(アクセス)とExcel(エクセル)の連携講座。スキルアップ研修。各種定期開催中の一日セミナーの講座一覧/スリービットコムのPCビジネススクール(教室)。/Three bit com
二名様より出張研修のご案内/スキルアップ支援・開発支援・作成支援・個別スキルアップ支援など、全講座ともご参加2名様より御社にお伺いして短期でのスキル目標達成・開発支援を行います/Three bit com
個別指導のご案内/開発支援・作成支援・個別スキルアップ支援/簡単なツールの作成から、業務で使うクエリ、簡易アプリケーション、社内システムの作成支援、開発支援のご案内。一日単位の廉価な受講料でコンサルティングレベルの講習を受講頂けます。短期でのスキルアップを行いたい方、外注費を押さえて自前(内注)での開発を行いたい方、独自のツールやITシステムを開発して、自社のサービスを強化したい場合に特にお薦めです/Three bit com
個別指導のご案内/開発支援・作成支援・個別スキルアップ支援/簡単なツールの作成から、業務で使うクエリ、簡易アプリケーション、社内システムの作成支援、開発支援のご案内。一日単位の廉価な受講料でコンサルティングレベルの講習を受講頂けます。短期でのスキルアップを行いたい方、外注費を押さえて自前(内注)での開発を行いたい方、独自のツールやITシステムを開発して、自社のサービスを強化したい場合に特にお薦めです/Three bit com
セミナー会場の地図/マイクロソフト エクセル、アクセス、VBA・マクロのセミナー会場|Microsoft Excel、Access、VBA・マクロの講習会 地図(東京都千代田区・竹橋駅、大手町、神保町、小川町|マップ/Three bit com

No.17  -Access入門研修の質問よりご紹介-
Access 講座とExcel  講座から(エクセルの講座とアクセスの講座からご紹介) ExcelからAccessへのインポートエラー
テーマ:ExcelとAccess

Excel(エクセル)のデータをAccess(アクセス)に移行する際に、Accessの「インポート」コマンドを使用することができます。
その際に一部のデータがAccessのテーブルにインポートできないことがあります。

この作業で躓いてしまい、仕事持込セミナーやAccess関連の講習会にご参加頂くケースもあります。
色々な原因が考えられますが、例えばExcelで行内改行(Alt+Enterキー)をしているデータがエラーになってしまう場合があります。

特に行の高さを狭めていると目で見ても分からないため、データ件数が多い場合には困ります。
対応策として例えばCLEAN関数を使うと便利です。

A1に行内改行が挿入されている場合、B1に次の式を入力します。
=CLEAN(A1)

Alt+Enterで入力した改行をこれだけで取り除くことができますので、インポート時にエラーが出るようであれば、可能性のありそうなフィールド・レコード全てに同様の処理を行ってからAccessでインポートをしてみてください。

Accessのシステム完成後にデータの移行がうまく行かず、システム運用開始に時間がかかるケースを非常に多く拝見します。

初めてシステムを作成する場合には、ついつい後回しになりがちなデータのクリーニング作業ですが、システムを作成しながら、平行して早い段階でデータのチェックもしておきたいですね。
 


No.16  -Excel中級研修の質問よりご紹介-
Excel VBA 講座から(エクセル マクロの講座からご紹介) 行と列を入れ替える
テーマ:Excel

Excel(エクセル)のワークシート内で、1列に入力されているデータを、1行のデータとして入れ替えたい場合があります。
例えば以下のような例です。

(元データ)
-----            
 A1
-----
 A
 B
 C

(入れ替え後)
-------------------------------
 B1    C1    D1    E1 
-------------------------------
 A     B     C     D

「形式を選択して貼り付け」を利用すると行と列を入れ替えてコピーすることができます。

 (元データ)を選択してコピーします。
 コピー先(上の場合ではB1)を選択します。
 [編集]メニュー→[形式を選択して貼り付け]→[行列を入れ替える]チェックボックスを
 オンにして[OK]ボタンを押します。

Excel(エクセル)関連のセミナー中のデモで利用すると、時々ご質問を頂くことがあります。
使用頻度はそれほど高くはありませんが、ちょっとした表の変換作業に使えますので便利ですね。


No.15  -Excel VBA入門研修の質問よりご紹介-
Excel VBA 講座から(エクセル マクロの講座からご紹介) 選択範囲にデータ入力
テーマ:Excel VBA(マクロ)

先日のExcelVBA(エクセルマクロ)の入門セミナーで面白いご質問を頂きました。
Excelのリストやデータベース(Access他)と組み合わせてプログラミングすると、便利なツールが作れるかも知れませんので、ご紹介いたします。

ドラッグされているセル範囲にデータを連続書き込みするためのプログラムです。
セル範囲をどのように認識するかがポイントですが、いくつか方法があると思います。

ここでは選択範囲の行数と列数を求めて、縦の行数分を繰り返すForの処理に加え、
横の列数分だけ繰り返すForの処理を追加してみました。
ExcelVBA入門セミナーレベルで繰り返し処理を始めて使う方には、Forの中にForを入れる繰り返し処理をマスターする練習になるかも知れません。

プログラムを見ただけではピンと来ない場合は、F8(ステップイン)を使ってExcelの動きを見ながら考えてみると分かりやすいと思います。

Sub 選択範囲にデータ入力()
  Dim 行数 As Long
  Dim 列数 As Integer

  行数 = Selection.Rows.Count '選択範囲の行数を数える
  列数 = Selection.Columns.Count '選択範囲の列数を数える

  '横の列数分だけ繰り返すためのFor
  For 横カウンタ = 0 To 列数 - 1
    '縦の行数分だけ繰り返すためのFor
    For 縦カウンタ = 0 To 行数 - 1
       ActiveCell.Offset(縦カウンタ, 横カウンタ).Value = "A"
    Next 縦カウンタ '次の行へ
  Next 横カウンタ '次の列へ
End Sub

基本的なVBAの文法を学習しただけでも、Excelでの実務経験が多い場合には面白いアイディアが色々と出てきますね。こういうところがExcelの面白さでもあると思いました。
 


No.14  -Access中級研修の質問よりご紹介-
Access VBA講座とAccess講座から(アクセスの講座とアクセスVBAの講座からご紹介) 未定の関数エラー
テーマ:Access(アクセス)

Access(アクセス)のヘルプにも出ている関数を使っているし、他の人のPCではちゃんと動くのに、自分のPCではなぜか動かない、というご質問をAccess関連のセミナーで伺うことがあります。

拝見してみると、
Access(アクセス)のクエリを開こうとすると
「式に未定義関数 '○○○' があります」
というエラーが表示されて実行できないケースです。

この場合、まず確認して頂きたいのが「参照設定」です。
Alt+F11を押して、VBEを起動して、[ツール]メニューから[参照設定]を確認してください。

[参照設定] ダイアログボックスに
[参照不可:○○○・・・] という項目にチェック ボックスがオンになっている参照があるようでしたら、その参照へのチェックボックスをオフにするとエラーが出なくなります。
 

関連コース: Access中級

No.13  -AccessVBA中級研修の質問よりご紹介-
Access VBA講座とAccess講座から(アクセス講座とアクセスVBAの講座からご紹介) レポートの背景色
テーマ:Access VBA(アクセス VBA)

Accessのセミナーで、レポートに罫線を効率的に作成する方法をご質問頂くことが少なくありません。

Access以外の例えばVB、VB.NET、PHPなどを使ってWindowsフォームやWebアプリを作成する場合を考えると、それでもAccessのレポートはずっと簡単なのですが、Excel(エクセル)の簡便さに比べると、やはり手間がかかるという印象は強いように思います。

罫線を作成する代わりに、VBAを使って背景色を1行おきに変更して対処している例をよく拝見します。

考え方のポイントで基本となるのは
レポート「詳細」セクションの「フォーマット時」イベント
だと思います。

レコードを1行ずつ読み取るごとに「フォーマット時」というイベントが発生しますので、フォーマット時イベントに、
例えば、奇数行ならば、詳細セクションの背景色をグレーにし、それ以外なら(偶数行なら)、詳細セクションの背景色を白くする、という考え方になります。

色々な書き方がありますが、例えば簡単な例を1つ書いてみると以下のようになります。

Dim i As Long  'この行は宣言セクションに記載します。

Private Sub 詳細_Format(Cancel As Integer, FormatCount As Integer)
  i = i + 1
  If i Mod 2 = 1 Then '2で割った余りを求め、それが1と等しいかどうか判断しています。
    詳細.BackColor = 16777215  '白
  Else '条件に該当しない2で割った余りが 0となる場合です。偶数行が該当します。
    詳細.BackColor = 12632256 'グレー
  End If
End Sub

1レコードずつ読み取られてる度にフォーマット(Format)イベントが発生することを理解しておくと、他にも活用範囲が広がりますので、レポートの大事なイベントの一つだろうと思います。

関連コース: AccessVBA中級




 
(C) 2021  株式会社スリービットコム